カント一覧

「カントの哲学を1分で簡単に解説して!」←無意味です。

「◯◯(哲学者の名前)の思想を1分で簡単に解説!」などという謳い文句が時々あるかと思います。しかし、このような哲学の学び方は無意味です。哲学を勉強するなら、結論よりも思考プロセスの方が面白いのだということを、カントの実践哲学を例に解説します。

【死因はキス】ドイツ観念論の哲学者まとめ【思想の解説はナシ】

哲学を勉強してみたけれども難しい、と言う人は、まずは哲学者のキャラクターを知って、哲学を身近に感じるところから始めて見てはいかがでしょうか?個性豊かな4人のドイツ観念論哲学者カント、フィヒテ、シェリング、ヘーゲルの人物像と人間関係をまとめてみました。

カントの道徳哲学:人格を目的として扱う「王国」?

「目的の王国」とは何か?ドイツ観念論をはじめ西洋哲学に多大な影響を与えたエマニュエル・カント。著書『道徳形而上学原論』で述べられた、他人の「人格」を「目的」として扱うという彼の道徳哲学を、身近な問題に引きつけながらわかりやすく解説します。

カント『純粋理性批判』紹介と、西洋哲学に感じるモヤモヤ

ドイツ観念論の創始者カントの三批判書の1つ『純粋理性批判』を分かりやすく紹介します。 同書で展開する「アプリオリな総合判断」についてもその定義や例について説明します。 また、カントの入門に活用できる石川文康氏の本も紹介します。 西洋哲学に感じるモヤモヤ

スポンサーリンク