【イギリス大学院】beoの無料サポートは利用すべき?

ちぐはぐアクティブ・ラーナーの「凡さんす」です!大学院の出願手続きがひと段落し、ホッとしています。

イギリス大学院留学に興味がありますか?もしくは、もう準備を進めていますか?

海外の大学院への世紀留学に関しては、周囲に相談できる人もあまりいないため、どういう段取りで進めていいいいのかイマイチわからないという方が多いかと思います。

そういう方には、過去記事の【イギリス大学院】まずはコレ!必要書類と出願スケジュール【イギリス大学院】2・3回生のうちに準備するべきこと6つ!を見ていただくと、少しはイメージがつかめるかもしれません。

とはいえ、文章で読んだだけではやっぱりイメージがつかみにくいところもありますし、どこの馬の骨ともわからない奴が書いたブログを全面的に信頼するわけにもいかないし、もっと安心して準備を進めていけるようなシステムがあると便利ですね。

今回は、そういった方向けに、留学コンシェルジュbeoの無料サポートを紹介をしていきます!


訪問ありがとうございます!記事の更新等はTwitterでお知らせしていますので、よろしければフォローお願いします!→ @academicocktail


留学コンシェルジュbeoとは?

beoとは、日本から海外に留学する人(小中留学から大学院留学まで幅広く)をサポートしてくれる留学エージェント会社です。公式サイトによれば、イギリス、アメリカ、オーストラリアなどを含む計9ヶ国の留学をサポートしてくださるようです。

東京と大阪にオフィスがあるので、この近辺に住んでらっしゃる方はとくに、気軽にサポートを受けに行くことができます。

同様に大学院留学をサポートしてくれる機関として、SIUKという企業もあるそうですが、こちらについては私は詳しくないので、この記事ではbeoのみを解説します。 (参考:SIUKさんの公式サイト →  イギリス、アイルランドの大学(院)留学 | 留学エージェントのSI-UK

beo無料サポートとは?

beoでは、イギリス大学院を志望する方向けに無料サポートを行っています!

無料サポートに申し込むと、専属カウンセラーの方が1人ついて、以下のようなサービスを受けることができます(主なものをあげています)

<無料サポートで受けられるサービス(主なもの)>

初回カウンセリング(志望校についての相談・出願準備スケジュールの決定)

スケジュール管理(カウンセリングで決めた日程に従って、書類の提出などを催促してくれる)

・出願準備に関するメール相談

出願手続き代行

志望動機書の添削(文法・語法・体裁のみ)

「どうして無料なの?なんか怪しくない?」

と、最初は私も思ったのですが、スタッフさんの話によると、海外の大学からお金をもらって運営しているため、日本の学生に対しては無料でサービスを提供できるとのことです(参考:イギリス留学サポート・カウンセリングが無料の理由 | beo)。

もっとも、サポートを開始する時点で20,000円のデポジット(前金)を払わなければいけないのですが、海外大学院に合格できれば返金されます。というわけで、しっかり準備を進めさえすれば、ノーコストで受けられるサービスであるといえますね!

beo無料サポートを利用するメリット

無料とはいっても、前金20000円払わないといけないし、手続きしに行くのは面倒だし、本当に利用するべきなのかどうか判断をつける材料が欲しいと思います。

そこで、実際にbeoを利用して大学院出願準備を進めた私が、同社の無料サポートを利用するメリットを紹介していきます!

①面倒な出願を代行してくれる!

1番大きいのはこちらです。beoを利用することで時間を節約できるのが非常に大きなメリットです。

【英国大学院留学】まずはコレ!必要書類と出願スケジュールに書いた通り、イギリス大学院の合否は必要書類の提出によって決定されます。原則的には、書類を作った上でいろいろと面倒な手続きをしなければならないのですが、beo無料サポートを利用する場合、こちらでつくった書類をbeoにメールで送った上で、ちょっとしたフォームの入力さえすれば、大学院とのやりとりはお任せできます(ビザの申請などの仕事はまだありますが)。

したがって、無料サポートを利用することで、本来なら出願手続きに使っていたであろう時間を、勉強するなり遊ぶなりと自分の好きなように使えるので、出願を代行してもらえるのは大きなメリットであると言えます。

②スケジュールを管理してくれる!

やるべきことを後回しにしがちな人には、beoの無料サポートがかなりオススメです(笑)

上記の通りbeoを利用すると、初回カウンセリングの時点で決めたスケジュールに従ってその都度作業を催促してくれます。

目安としては、授業のレポートを提出の前日(前夜)にやってしまうことが多い人は、beoに管理してもらうのが吉かと思います(笑)

③志望動機書の添削をしてくれる!

イギリス大学院準備の要となるのが志望動機書(personal statement)ですが、beoの無料サポートではこちらを添削してもらうことができます。後述するように修正してもらえるのは文法・語法・体裁のみ、かつ1回のみチェックにはなる(2回以上してもらうには有料サポートに申し込む)のですが、英語ネイティブスピーカーのスタッフ2人がかりでしっかり添削してくださるので、安心感は大きいです。

③随時相談に乗ってくれる!

サポートを受けている間はカウンセラーにメールでいろいろと相談することができます。私の場合は、推薦状を書いてくれそうな指導教員が3人いたので、どういう人に書いてもらうのが有利かなど相談していました(イギリス大学院に必要なのは2通の推薦状)。もちろん、最終的には何事も自分で判断しなければならないのですが、長らく留学サポートに関わっているスタッフの意見は、判断材料としてはとても参考になります。

beo無料サポートの限界

以上、beo無料サポートをべた褒めしてきましたが、ネガティブな側面もきちんとお伝えしておく必要があるので、以下で思いつく限りのことを書いていきます。とはいっても、正直なところ最初に20000円を払わないといけないこと以外にデメリットは思い当たらないので、代わりにbeo無料サポートではできないこと(限界)について、主要なものを書いていきたいと思います。

①志望動機書の内容までは添削してくれない

上記の通り、志望動機書の添削は文法・語法・体裁のみであり、内容面の添削はいただけません。

そのため、「内容もチェックしてもらいたい」という場合には、beo以外の人にお願いする必要があります。私の場合は、大学の指導教員の1人にアメリカ人の方がいるので、その方にお願いしました。

②留学する国によってはサポートしてくれない

前述の通り、beoでサポートしてもらえる留学には国による縛りがあります。イギリス1本で考えている場合は問題ありませんが、他国の大学も視野に入れているという場合は、注意が必要です。私の場合、イギリスの他にノルウェーの大学院にもチャレンジするので、そちらに関しては今から一人で準備を進めることになります…

おわりに:利用して損はない!

以上、今回はイギリス大学院留学を考えている方向けに、beo無料サポートのレビューを書いてみました!

もちろん、「beoに登録すれば必ず受かる!」なんてことはありませんし、結局のところ大学を調べる、志望動機書を作る、推薦人を探すと行った主要な作業は自分でしないといけないので、beoを利用しても準備が大変なことには変わりません。とはいえ、逆に言えば、自分じゃなくてもできるような作業は丸投げすることができるので、利用して損はないといえます。気になる方は、ぜひ公式サイトの方をチェックしてみてください! → イギリス 大学・大学院留学サポート | beo

また、今、2年生や3年生でありまだ考える余裕があるという方は、とりあえずbeo主催の無料イベントに参加してみましょう。英語学習に関する相談が受けられるイベント、イギリス大学院のスタッフさんとお話ができるイベントなど、無料で行くにしては非常に面白いイベントが随時開催されているので、要チェックです! → イベント/セミナー | beo


最後までお読みいただきありがとうございました!記事の更新等はTwitterでお知らせしていますので、よろしければフォローお願いします!→ @academicocktail


※アイキャッチ画像は Wikimedia Commons/Stan Zurek (Public domain)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク