カントの道徳哲学:人格を目的として扱う「王国」?

「目的の王国」とは何か?ドイツ観念論をはじめ西洋哲学に多大な影響を与えたエマニュエル・カント。著書『道徳形而上学原論』で述べられた、他人の「人格」を「目的」として扱うという彼の道徳哲学を、身近な問題に引きつけながらわかりやすく解説します。

初心者にオススメの哲学書:はじめての人が読むべき1冊は?

哲学を勉強してみたい。けど何から始めていいかわからない。そんな方にオススメの一冊を紹介します。哲学の古典は専門家以外には難しいものが多いのですが、今回紹介する一冊は、初心者でも解説書なしで読める、かつ別の哲学書を読むにあたっても重要な一冊です。

スポンサーリンク