「カントの哲学を1分で簡単に解説して!」←無意味です。

「◯◯(哲学者の名前)の思想を1分で簡単に解説!」などという謳い文句が時々あるかと思います。しかし、このような哲学の学び方は無意味です。哲学を勉強するなら、結論よりも思考プロセスの方が面白いのだということを、カントの実践哲学を例に解説します。

書けば書くほど文章力は向上する!…でも、どうして?

文章を書けば書くほど、文章力は向上する - これはよく言われることであり、また筆者の経験上正しいことです。「文章力をつけたい」と考えている方は、量をこなせば一定程度文章力は向上します。書けば書くほど文章力がつくメカニズムを2つ解説しました。

【死因はキス】ドイツ観念論の哲学者まとめ【思想の解説はナシ】

哲学を勉強してみたけれども難しい、と言う人は、まずは哲学者のキャラクターを知って、哲学を身近に感じるところから始めて見てはいかがでしょうか?個性豊かな4人のドイツ観念論哲学者カント、フィヒテ、シェリング、ヘーゲルの人物像と人間関係をまとめてみました。

【イギリス大学院】まずはコレ!必要書類と出願スケジュール

「イギリス大学院での修士号取得に興味があるけど、何から始めて良いのかわからない」という方に向けて、必要書類と出願スケジュールをまとめました。早期出願が有利と言われるイギリス大学院出願に関して、いつどのような準備を行えば良いのかを具体的に書いています。

【大学生】汚いこの世界が嫌ならNGOでインターンをしよう!

「この世界が嫌」「汚い人間ばかり」「そんな世界を何ともできない無力な自分も嫌」...そんな風に悩んでいる大学生の方は、NGOでインターンをしてみてはいかがでしょうか?嫌な世界を自分の手で少しでも改善できる実感、嫌な人ばかりではないという実感を得られるという効果あります。

スポンサーリンク