【冬の朝活のコツ】布団から出るな!【朝がニガテな私が語る】

朝活したいけど、最近寒くて布団から出られない…冬でも朝活するコツはないかな〜?

こんにちは!

「凡さんす」(@academicocktail)と申します!

怠惰で、朝が苦手ですが、寒い冬も午前中からしっかり活動しています(とはいっても8時とか9時とかからですが(^◇^;))。

朝活」という言葉をよく耳にするようになって久しいですが、午前中の時間を有意義に使えると、人生においてアドバンテージが多くなってきます。

とはいえ、多くの人にとって、予定の入っていない午前中に早起きするのは非常に困難なことです。

とくに、12-2月などの冬の時期には、布団から出た途端に刺すような寒さが襲ってくることが目に見えているので、布団から出るには尋常ではない勇気が必要とされます。

「意志力が弱くても、早起きして一日を有効に活用することはできないのか?」

ということで、今回は、「寒い冬に朝活をするコツ」というテーマで記事を書きます。

最初に結論を言っておくと、

「寒くて布団から出られない時期には、布団から出ずにできる活動を行うのがオススメです」

という内容の記事になります。

この点を深掘りして解説しますので、よかったらお付き合いください。記事は、1分ほどで読めます。

「起きる」という動作には2段階ある:「目覚める」→「布団から出る」

まず、「起きる」という動作には、次の2つのフェーズが含まれています。

・目覚める(Wake up)

・布団から出る(Get up)

そして、このうち、「目覚める」のは比較的簡単な一方、「布団から出る」のはなかなか難しい。

「目覚めたけど、布団から出ることができず、気がついたら二度寝三度寝してしまった」

という経験をお持ちの方は結構多いのではないかと思います。

「そもそも目覚められない」という方は、この記事の処方の対象外なので、他を当たっていただくようお願いします(´∀`; )

布団から出ずにできる朝活:スマホでニュースを読む

このように、

「目覚める」は易し、「布団から出る」は難し

なので、開きなおって「布団から出ずにできる朝活」がないか考えましょう。

具体的にオススメできる一つの活動は、「スマホでニュースを読む」ことです。

私は冬の時期は、目覚めたら布団から無理に出ようとせず、LINEニュースやNewsPicksなどで新着ニュースをひたすら読みまくり、感想をメモしたり、ツイートしたりしています。

そして、30分から1時間くらい経ったら体があったまってくるので、そのタイミングではじめて布団から出て、支度をして学校の自習室へ向かいます(1時間はさすがにゴロゴロしすぎですが笑)。

朝活というと、ストレッチしたり、ヨガしたり散歩したりなどを思い浮かべる方も多いと思いますが、そういった「布団から出ないとできない作業」って結構ハードル高いんですよね。

ということで、私のように怠惰な方は、まずは布団から出ないでできる活動をしたのち、体があったまってきてから、運動をするなり、仕事を始めるなりしましょう♪

おわりに

今回は、「寒い冬に朝活をするコツ」についてお話ししました!

私を含め大多数の人間にとって、寒い冬の朝にベッドから起き上がって運動したり仕事を開始することは至難の技です。

ですので、なるべく心理的コストが低くて、実行しやすい方法を考えていきましょうね!


最後までお読みいただきありがとうございました!記事の更新等はTwitterでお知らせしていますので、この記事が「役に立った」「面白かった」と思う方は、フォローお願いします!

 


※アイキャッチ画像はPixabay.com/abolanu (Public domain)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク