留学は難しい?特別なこと?留学する日本人はどんどん減っている

こんにちは!bitwin’です。最近哲学の記事ばっかり書いているので、俗世から離れて思索にふけっているのかと思われているかもしれませんが、そんなことはありません。むしろ今は大学院留学の準備でドタバタしてます💦

というわけで、今回のテーマは留学です。

はじめに結論を述べておくと、「海外で勉強するということのハードルを必要以上に高く感じている人が多い」という問題提起の記事になります。

より具体的には、

「留学って難しそう」

「留学なんて一部の天才がやることじゃ」

「平凡な私は日本で勉強して日本で仕事すればいいんじゃ」

という意見に対する応答です。

それでは、最後までおつきあいください〜♪


訪問ありがとうございます!記事の更新等はTwitterでお知らせしていますので、よろしければフォローお願いします!→ @academicocktail


留学経験学生は減少中、行ったとしても語学留学

はじめに、面白い論文を見つけたので紹介します。

鈴木 穣『「語学留学は日本独特の留学形態である」を考察する。 -若者を取り巻く状況と今後の変化-』 上武大学ビジネス情報学部紀要 16, 39-62, 2017-06-26

全文はリンクからご覧いただけますが、簡単にポイントをまとめておくと以下のようになります。

<ポイント>

・留学生総数は、世界では増加傾向にある。

・それに対し、日本では2004年以降留学経験学生の数が減り続けている

・海外、とくに韓国、中国、インドなどアジア諸国の学生は大学や大学院の学位取得を目的とする正規留学に行くことが多い。

・それに対し、日本では語学習得を目的とする1年未満の語学留学が主流。

そして、日本の若者が海外に出て行かない原因として、筆者が主張しているのが次の3つの要因です。

経済的問題:留学にかかる費用が賄えない。

語学力不足:英語ができない。

大学生の就職問題:就活期間が早く始まり、長く続くことで、留学との両立が難しい。

私自身、留学に興味がありつつも結局行っていない身であるため、筆者の主張は肌感覚としてよくわかります。

周りで「留学行きたいけど行かない」人を見ていても、上記のいずれかまたは複数の要因から取りやめている人が多い気がします。

それにしても、世界では留学する人が増加傾向にあるのに日本だけ減少傾向にあるという事実を、恐ろしいものだと感じるのは私だけでしょうか…?

体験談:大学院留学に対する周囲の反応

上記の研究に関連して、私の体験に基づく意見を書いておきます。

私は現在英国大学院進学に向けて準備をしています。そのことを大学の友人等に話すと、次のような反応が返ってくることが少なくありません。

あの、、、

イギリスは、3次元空間に存在していますので!!!!!!!

すみません、感情的になりすぎました(笑)

何が言いたいのかと言いますと、「海外で勉強するということのハードルを必要以上に高く感じている人が多い」ということです。イギリスの院に行く、というだけで、別種族であるかのように見てくるのは、ちょっと違うなと思うんですよ。

それから、「海外大学院進学を考えている」と話すと、「自分は英語ができない時点でダメだ〜頑張って〜」と言ってくる人もいます。

これは、上の論文で指摘されていた「語学力不足」のハードルですね。

英語力というのが相当厄介な壁であることは間違いありませんが、それでも、必要以上に大きく見積もっている人が多い気がします。

私はそれなりに頑張って英語力をつけていますが、それでもまだまだできないことだらけです。ネイティブ・スピーカーの人と1対1では話せても、ネイティブ同士の早い会話には全くついていけません。海外ドラマは字幕なしでは見られませんし、英字新聞を読んだら頭が痛くなります。

ですが、この程度でも、出願先であるイギリスのそこそこ有名な大学が要求する英語の要件は満たしています。もちろん行った先では困ることだらけだと思いますが、だからといって日本語が通じない空間は4次元空間ではないのです。

まあ、勉強するにしろ、仕事をするにしろ、日本も素晴らしいところではありますので、全員が全員海外志向であるべきだというつもりはありません。ですが、海外で勉強するということがもうちょっと”フツー”の選択肢としてあってもいいのではないかなと思います。

おわりに

今回は、「海外で勉強するということのハードルを必要以上に高く感じている人が多い」というテーマについて記事を書いてみました。

今回紹介しました論文の議論を伸ばしていくと、「語学留学が主流である現状を打破して、積極的に正規留学を推進していこう」という主張になると思います。現在の日本では、海外で勉強するということのハードルが必要以上に高いため、語学を学んできたというだけで立派に思われてしまう。このままでは、次々と学生を正規留学に送り込むアジア諸国に競り負けてしまうと。

たしかに、正規留学がもっと主流になって行くのが、今後目指すべき正しい方向だと私も思います。とはいえ、私は語学留学がダメだとは思いません

「正規留学するほどではないけど、1ヶ月くらいでもいいから海外で勉強してみたいな~」と思う人は、行ってみたらいいというのが私の意見です。

ぼんやりと海外生活に憧れながら結局長いこと行かなかった者の末路は、こちらの記事↓からご覧いただけます〜

目的がないから留学に行かない?:私の”無”留学体験記


最後までお読みいただきありがとうございました!記事の更新等はTwitterでお知らせしていますので、よろしければフォローお願いします!→ @academicocktail

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク