【稼げません】大学生が塾講師バイトする真のメリットは「スキルアップ」です

こんにちは!

「凡さんす」(@academicocktail)と申します。

塾講師バイトを3年間続けていた大学4年生です。

この記事では、主に、これからアルバイトを選ぼうか考えている新入生の方に向けて、こんな疑問に答えます。

この記事で答える疑問↓ 

新大学生
塾講師バイトをやろうか考えてるけど、どんな感じなのかな〜 稼げるって聞いたけど、本当なんだろうか?

2分ほどで読み終わる記事ですので、どうかお付き合いください。

※以下、個別指導を念頭に置いて書いています。私自身が集団指導を行ったことがなく、集団についてはよくわかっていないので、その点ご了承ください。

「塾講師バイトは稼げる」のウソ:効率が悪すぎます

一部大学生向けのインターネットメディアなどを見ていると、塾講師バイトは稼げるなどという言説が飛び交っています。

「他のバイトよりも単価が高いから、効率よく稼ぎたい人にはオススメ」

というのが、そうしたメディアの言い分です。

こういった言い方は間違いではありませんが、あまり正確な表現とは言えません。

たしかに、塾講師アルバイトの時給が高いのは事実です。

しかし、いくつかの理由で、効率よく稼ぐのには向いていません↓

・授業計画や予習などの時間外労働がほぼ必須

日程が不自由:入りたい曜日に、自分とマッチする生徒が空いていないといけない→ 「一日でまとめて10000円稼ぐ」などということはやりにくい。

・授業外で報告書などを最低賃金でやらされがち。

ですので、お金が目的なのであれば、別のバイトを探したほうがよろしいかと思います。

塾講師バイトの真のメリットは、「スキルアップ」

では、塾講師アルバイトは避けたほうがいいのかというと、必ずしもそうではありません。

塾講師アルバイトの魅力として、「スキルアップ」があります。

それも、「やればやるほど向上する」かつ「塾以外の場面でも応用の効きやすい」スキルが身につきます。

ここでは次の3つのスキルに絞って紹介しますね。

<塾講師アルバイトで身につくスキル>

・難しいことを説明する力

・相談に乗る力

・計画を立てて問題解決する力

難しいことを説明する力

当然ですが、塾講師とは「人に何かを教える仕事」ですので、「自分が持っている知識を人に伝える」経験を延々と積むことになります。

難しいことを噛み砕いて他人に伝えるという経験は、いろいろな場面で応用が利くはずです。

加えて、長く続ければ続けるほど、いろんなタイプの生徒に教えなければならないので、人によって教える方法を分けることにもつながります。

「マイナス×マイナスはプラスになる」という一つの法則を教えるにしろ、

講師

買うことの反対は買うことやんね?じゃあ、100円のクッキーを「1個売る」ことを、「-1個買う」と表現してみようか〜

という風に、理詰めで説明する方が納得する子もいれば、

講師

「マイ・マイ・プ」で覚えようか〜

と、語呂合わせでごり押しした方が覚えてくれる子もいます。

このように、いろんな人間のタイプに合わせて説明の仕方を変えるという経験は、塾講師バイトならではのものです。

そのうえ、「自分が知っていることを誰かに教える」という仕事は、多くの人が将来経験することでして、そうした意味では実用的なスキルであるといえるでしょう。

相談に乗る力

塾講師をしていると、お勉強を教えるだけではなく、生徒の生活上の悩みや進路の相談なども受けることがあります。

生徒によって悩みも様々ですし、また悩みに対して望んでいる対処法もバラバラです。

・とりあえず愚痴を聞いて欲しいのか

・きつく叱ってあげたほうがいいのか

・具体的なアドバイスが欲しいのか

こういったことを見極めながら、一人ひとり、その時々に応じて最適なリアクションを取ることが求められます。

こういったことをする過程で、人の相談相手になる力が身につくわけですね。

計画を立てて問題解決する力

本気で生徒の成績を上げようと思うと、単に授業をするのみならず、計画的に授業をデザインする必要があります。

具体的には、本番までにとるべき点数と、現段階で生徒が取れている点数を比べ、そのギャップを埋める方法を考えていくことになります。

単に「点数が足りない」といっても、人によって抱えている課題は様々ですので、それを生徒とともに分析しなければなりません。

・英単語がなかなか覚えられない → 勉強方法がまずいのか?勉強時間が足りないのか?

・勉強時間が短い → 早起きを頑張ってもらうのか?ゲームの時間を短くしてもらうのか?

・現代文が読めない → 語彙力が足りないのか?練習不足か?

生徒とコミュニケーションを取りながら、このようなことを常に考え、アクションを打ち続けます。

多くのアルバイトでは、その日その日の業務を終わらせていくことだけに集中すれば十分だと思いますが、塾講師を全うするためにはそれではいけません。

中長期的な視点を持って目標達成に向けて行動するという経験により、人生における様々な場面で応用の効きやすい問題解決能力が身につくはずです。

「精神を割く意志」があるのなら、塾講師はオススメです

以上、塾講師アルバイトについて、

・効率よく稼ぐには向いていないこと

・応用の効きやすいスキルが身につくこと

の2点についてお伝えしてきました。

では、「結局のところ塾講師アルバイトはオススメなのかどうか」と言われると、

ある程度、バイトに精神を割く意志があるなら、オススメ

というのが答えになります。

とはいっても、「24時間年中無休でバイトのことを考えろ」ということではありません(それなら正社員になりましょう)。

通勤中や、就業時間外の暇な時間に少しでも、

・どうやったらもっとうまく教えられるか?

・どうやったらもっと生徒の悩みに寄り添えるか?

・どうやったら◯◯さんは志望校に合格できるだろうか?

などと頭を回して改善を積み重ねていくことができれば、自分のスキルはどんどん上がっていくはずです。

裏を返すと、就業時間以外には全く生徒のことを考える気がない(余裕がない)というのであれば、プラスの効果はほとんど望めません。

授業時間外でまったく生徒のことを考えることなく、予習も授業計画もゼロ、始業とともにその日何をするか考えるといった状態であれば、スキルアップには程遠いです。

もはや、そんな講師は通ってくれてる顧客のお金と時間を無駄にするだけですので、塾講師アルバイトはやめといた方がいいですね( ̄∀ ̄)

お金を効率よく稼ぐためのアルバイトを探しているのであれば、自分自身の創意工夫を求められない別のアルバイトを探すことをオススメします。

(これはどっちが良い悪いの問題ではなく、個人がアルバイトに何を求めているかという話です)

おわりに

今回は、「塾講師アルバイトの真のメリットはスキルアップ」というお話をしました。

塾講師バイトは、「頭と手を動かせば動かすほど、自分にとってプラスの大きいアルバイト」です。

ある程度、就業時間外にも生徒のために自分の精神や時間を使えるという方なら、一度トライしてみる価値のある職種だと思います♪

気になった方はココから探してみましょう↓

塾講師バイト・アルバイトの求人サイト|塾講師ステーション


最後までお読みいただきありがとうございました!記事の更新等はTwitterでお知らせしていますので、この記事が「役に立った」「面白かった」と思う方は、フォローお願いします!→ @academicocktail


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク