【思い込みです】「性欲は本能だから性犯罪も仕方ない」という人はこれに反論してみて

こんにちは!

「凡さんす」(@academicocktail)と申します。

今月はジェンダー問題の本を3冊読みました。

この記事では、こういった意見を持つ方に対して反論します。

この記事で反論する意見↓ 

悪気のない人
性暴力/性犯罪はダメなことだけど、性欲は三大欲求の一つとして本能なので仕方ないよね。ある程度は被害者の側が自衛したり、男性を誘惑しないように服装を工夫しなきゃ。

2分ほどで読み終わる記事ですので、どうかお付き合いください。

※実際には、性犯罪は性別問わず被害・加害者になり得ますが、この記事では便宜的に《男性が女性にする犯罪》と想定させていただきます。

性欲は本能なので仕方ない?

レイプ・痴漢などの性犯罪の話になると、「あってはいけないことだ」という点には同意する一方で、「でも男の性欲は本能だから(強いから)」、自衛しない女性にも責任があるという意見が見受けられます。

以下は、女子高生サポートセンター Colabo 代表の仁藤夢乃さんの文章より。

中高生を取り巻く状況について講演したとき、ある男子大学生から「性暴力で苦しんでいる人がいることはよくないとは思いますが、性欲は三大欲求と言われ、本能なので仕方ないですよね」と言われました。

出典:北原みのり(責任編集)『日本のフェミニズム since 1886 性の戦い編』p.99

>本能なので仕方ないですよね

いや、そんなわけありません。

性欲はコントロールできます。よって、被害者に責任はありません。

たしかに、性欲は遺伝子に書き込まれた本能ですし、一般的な傾向として、男性の性欲は年代問わず凄まじいです。

でも、

性欲は強い本能 → コントロールできない → 性犯罪はある程度仕方ない

というのは、考えることをサボりすぎです。

【かんがえてみよう】「最悪の痛み」を味わうとしても…?

ここで、ひとつ想像してみましょう。

①あなたが想像できる限り最悪の痛みをイメージしてください。

例)四股を切断される、全身ヤケドなど。

②目の前にとっても好みの異性(同性)が現れて、セックスを誘って来ました。ただし、応じると事後に①を味わいます。

問い:あなたはその人の誘いに応じますか?

おそらく、多くの人が応じないと思います。

よって、多くの人は性欲は抑えることができることが証明されました。

(「応じる」とお答えいただいた方もいるかもしれませんが、大多数が「応じない」と答えた前提で以下進めます)

「抑えられない」という思い込みが性犯罪を生む

以上のように、「性欲は抑えられる」ことがわかりました。

しかし、実際には、「男性は性欲を抑えられない」という思い込みが社会にはびこっています。

性的な自立について教えてくれる人も考える機会もなく、暴力的、支配的な文脈で作られた動画が簡単にネットで見られ、いつでも風俗店を利用できる状況で、「性欲をコントロールできない」と思い込まされている若者は少なくないと感じています

出典:北原みのり『日本のフェミニズム since 1886 性の戦い編』p.99

不十分な性教育、扇動的なメディアなど、様々な事象が起因して、「男の性欲は抑えられないほど凄まじい」という通念があまりにも浸透しすぎており、

「男性の性欲って凄まじいからやらかしちゃうのもしょうがないよね、アハハ」

といった “寛容さ” が、この社会全体から感じられます。

改めて申し上げますが、私は「男性『性の性欲がすさまじい』というのはデマだ」と言っているのではありません。

たしかに、男性の性欲は本能であり、また女性と比べてもかなり強いであろうことは想像できます(大まかな傾向として)。

ですが、「強い」からといって、「抑えられない」ことはないですし、まして「抑えられなくても仕方がない」「抑える必要がない」というのは詭弁でしょう。

「性欲のコントロールは簡単ではない」というのが事実として、それでも、

×「性欲のコントロールは簡単ではない → コントロールできなくてもしょうがない」

◯「性欲のコントロールは簡単ではない → でも頑張ろう」

なはずです。

次に性犯罪被害者に接するときは…

以上のように、いくら男性の性欲が強いからといって、性犯罪が「仕方なくはない」ことがわかりました。

レイプも痴漢も100%加害者が悪い刑事犯罪です。

ということで、次に性犯罪の被害者から話を聞いた時には、決して被害者を責めてはいけません。

・そんな格好してるから。

・そんな時間に出歩くから。

・逃げようとおもえば逃げられたんじゃないの?

・二人きりになったらそれは仕方ないよ…

全部NGです。

では、具体的にどう対応すればいいか。

私は専門家ではありませんし、被害者の話を聞いた経験もないので、説得力のあることは言えませんが、

・被害者の話に耳を傾け、理解しようとする姿勢を示す(無理に話させようとはしない)

・被害者は一切悪くないことを伝える

あたりはするべきだと思いますし、被害者の話を聞く機会があれば私もそうするつもりでいます。

この辺りも参考にしてみてください↓

被害者への接し方|犯罪被害者のメンタルヘルス情報ページ

まとめ

今回の記事は以上です。

ざっくりまとめると、

・性欲は本能である。

・ただし、抑えられないことはない。

・よって、「性犯罪が仕方ない」は間違っている。

・性被害者の話を聞くときは、理解を示し、被害者は悪くないことを伝えよう。

というお話でした!

質問・同意・批判などがある方は、@academicocktail までどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク