心理学一覧

収容所で見つけた最後の「自由」:『夜と霧』に記された心理学者の発見

第2次世界大戦中にナチスの収容所に囚われた、心理学者ビクトール・フランクルの『夜と霧』を読んでみました。 同書ではフランクルが収容所で感じていたことが赤裸々に、そして客観的に綴られています。そこで、人間の最後の「自由」についても書かれいるわけですが、私は同書に関心するとともに1つの疑問を投げかけたいと思います。

スポンサーリンク